親父の隠れ家

親父の隠れ家

三十路を迎える親父が隠れて記事を書き始めました。

【転職】配属後、早々の異動

転職活動中は活発に書いていたブログも内定が出てからはスッカリ更新がご無沙汰。

昨年の10月に転職をして気付けば9ヶ月経つので振り返ってみます。

30歳で転職を考えている人、ご参考までにどうぞ。

f:id:CMY0630:20180405161829j:plain

 

 

中途採用研修

エンジニアとして入社。
このエンジニア不足と呼ばれるご時世、4年のブランクがあっても上場企業のエンジニア職として入社出来ました。

 

スキルに若干不安がありましたが他の中途採用同様研修を受けさせてもらえるということで、入社早々に転職して良かったと実感。

 

同期は20代半ばが多めでしたが1、2個下も多く全く気にならず、特段30歳である負い目もプレッシャーも感じることなく過ごせていました。

 

肝心の研修は3週間でCCNAの取得ということで詰め込み作業。
毎日8時間の講義と宿題でてんやわんやなのですが、お給料貰いながら勉強させてもらえるというのは非常に有り難い。

合格率8〜9割と聞かされていたけど納得の内容でした。


面談の実施

f:id:CMY0630:20180405124141p:plain

派遣エンジニアの職だった為、教育担当との面談が週1ペース。

 

後々知りましたがこの面談は結構重要で、単に学習の進捗状況の確認かと思いきや、コミュニケーション力や人柄がかなり見られていました。

 

これが営業さんへ筒抜けで、提案先を選定する材料に使われていました。

当然と言えば当然なのですが、油断していると痛い目に遭うことも後々知りました。


■辞令は突然に‥

 

f:id:CMY0630:20180405123646j:plain


順調にCCNAの学習を進め、試験まであと3日の頃に面談。

相手は営業部次長ということで同期とザワついておりました。

 

面談内容が気になり先に終わった同期に尋ねると「前職についてとかどんなエンジニアになりたいのかざっくばらんな会話」とのこと。複数人に聞いても同じなのでそういうものかと断定。

 

いよいよ自分の番が回ってきて会議室のドアを開けた瞬間、開口一番、次長から「やっぱさぁ、営業の雰囲気持ってるよね〜!」と。

 

ふぁっ‥!?

 

続けて「どう?やってみない?あ、座って座って」

これがどういう意図なのか入社3週間弱では判断できず、「エンジニアとして見切りつけられたのか‥いや、資格の模擬試験も合格範囲内だしサーバ構築の経験もあるし‥30歳だからか?」と考えが頭を過る。

 

「家庭もあるしエンジニアよりも営業の方が稼げるよ。エンジニア経験あるから他の営業より理解が深いだろうし。」と次長。

 

やります、やれます、よろこんで世代なのでNOという選択肢を持ち合わせておらず、
「良い方に取り計らって頂けるのであれば何でもやります」と即答。

 

翌日には部長に呼び出され、その翌日には社長承認もおり中途採用研修を終えることなくエンジニアから営業へ異動となりました。

 

■振り返り

1000人規模のエンジニアの中で上を目指すより、それをまとめる数十名の営業の方が倍率も低いし昇進も見える。

 

「営業辛かったらエンジニアに戻れば良いから大丈夫」と言われたのも効きました。

逃げ道が用意されている安心感ときたらもう。

 

営業に転属したことが良かったのか悪かったのかというと、転属したことで社内の現況が見えるという意味では良かったかと思います。

 

どうしても客先常駐(出向、派遣)では所属企業との接点が薄れてしまうので見えないことが多いと思います。

 

結果として見なければ良かったと思うことも多々ありましたが良い経験はできたんじゃないかとも思っています。

【副業】ダラしなさがモロに出た8・9月の結果だけど貯蓄は増えた

f:id:CMY0630:20170920120313p:plain

 

転職活動及び退職云々で奔走していたことを言い訳に8月の集計を放置し、更に「有給消化中は時間もあるし今までよりも稼げるぞ!」なんて何の計画性もない無根拠な自信に満ちていたのですが蓋を開けてみれば散々な結果に。

 

今回は人間積み重ねが出来ないとダメなんですよというお話です。

 

ただポイントサイトでの稼ぎはダメダメでしたが貯蓄は増えたのでそれにも少し触れてみようと思います。

 

 

8月の総括

マクロミル

1227ポイント獲得(1P=1円)

 

・ECナビ(リサーチパネル)

5570ポイント獲得(10P=1円)

 

・その他

infoQからPeXへ1000ポイント移管(1P=1円)

oyajinokakurega.hatenablog.com

8月に移管作業を行い、下書き記事まで書いていたのに更新したのは9月の下旬も差し掛かってからという怠けっぷりです。

 

9月に入りPeXへの移管が無事に行われていることを確認し、PeXは49000ポイントに。

 

 

9月の総括

マクロミル

201ポイント獲得(1P=1円)

 

・ECナビ(リサーチパネル)

532ポイント獲得(10P=1円)

 

もはや何もやっていないようなもんです。

 

小学生でももっと稼げるだろうよ…と自分のダラけっぷりに落胆です。

いやホントに。

 

 

ポイントサイトでの収入は減ったけど貯蓄額は増えた

家計的にもにもそうですが僕自身の隠し口座も貯蓄額は増えました。

 

世帯収入においては有給消化中なので給与は入ってくるし退職金は入ってくるしで全く問題はないので割愛。妻も働いているし。

 

問題は僕の隠し口座。

ポイントサイトなどの副業が全然捗っていないのに何で貯蓄額が増えたのか。

 

考えてみたら何てことなくて、家にいるから自炊するし(外食しないし)、家にいるから面倒な交際もしないし(月5~10万くらいかかってた)ということで、単純に支出が激減していたんですね。12~15万くらい浮いてるよ。

 

気付いた時には興奮して一瞬働かないで僕自身は専業主夫でいた方が家計的にも良いのではないかと思ったけど、前職の給与が入ってくるから浮いている訳で専業してたらこうはいかないと。

 

社内政治というか社内営業というか…他社とのお付き合いとかホント無駄遣いしてたんだなぁ痛感させられるのと同時に、収入増やすより支出抑える方が簡単なんじゃんと気付いた瞬間でもありました。

 

特に節約を心掛けていたわけではないのですが、転職してからは収入増加もさることながら少しは節約も意識してみたいと思います。

 

 

おわりに

特に酷かった9月の結果ですが、専業主夫はさておき娘が認可保育園へ転園し、その為に慣らし保育を一任されていたことで忙しいと言い訳を考えてみたりしたのですが在職の頃はもっと忙しかった訳で…

 

専業主夫(主婦)の人も沢山いて、何ならシングルの人もいるわけで、そういった人たちが全然稼げていないかといったら全くお門違いな話と怒られてしまう。

 

ということで完全に僕自身の怠慢が招いた結果でした。

アンケートモニター登録

 

 

 

 

【副業】infoQからPeXへポイント移管してみた

f:id:CMY0630:20170920115707j:plain

個人的にあまり使い勝手が良くないと思いつつ、1P=1円でそこそこ回答も出来るのでコツコツやっていたinfoQ。

 

GMOというのも安心要素。

 

ただアンケートの回答自体、サクサクできないと結構なストレスなもので貯めるのに時間がかかりました。

 

ようやく1000Pを超えたので早速ポイント交換をしてみました。

 


特段分かりにくい作業も発生しないので詳細は割愛しますが、

1.ポイント交換画面へ進む」

f:id:CMY0630:20170826121602p:plain

2.何に換えるのか選択

f:id:CMY0630:20170826121620p:plain

3.PeXを選択し口座情報など必要事項を入力する

f:id:CMY0630:20170826121634p:plain

上記3ステップで完了します。

 


infoQポイント1,000P=PeX10,000P (10P=1円)ということで来月末に1000円分入ります。というか申込み月の翌月末って遅すぎませんかね…

 


以前行ったECナビからPeXへのポイント移管は申請から1週間だったのに…と少々不満。また、交換するのは良いのですがこれまでの通算ポイントがサイト上では分からなくなってしまうのも個人的には微妙。

 

一応ポイントサイトの管理表みたいなのを作っているので通算が分からなくなることはないのですが確認に手間取るのもやっぱり不満。

 

そんなこんなで不満タラタラですが稼がせて頂いている身なので今後も使っていくつもりではあるものの、他のサイトで回答するものがなくなった時にやるような感じで優先順位は低いかもしれません。

 

 

当面はPeXにて10万Pを貯めることを目標にやっていこうと思います。

 

あれこれ使っていて一番使いやすいのは今のところやっぱりマクロミルだと個人的には感じております。

 

アンケートモニター登録

 

下書きして放置していた記事でしたが、移管の申請をかけてから1ヵ月くらい経った今、PeXには無事にポイントは移管されていましたのでこれからinfoQを始めるか検討している人はご安心を。

f:id:CMY0630:20170920115349p:plain

【雑記】アガルタ応募者全員プレゼントが届いた


f:id:CMY0630:20170914133353j:image

今年の4月に応募したアガルタ応募者全員プレゼントが届きました。

oyajinokakurega.hatenablog.com

 

応募当初はハガキを送ってから1ヵ月2ヵ月くらいで届くものばかりと思っていたものだから3ヵ月目に突入したあたりから送り方の不備があったのではないかと不安になり、最近では「アレは単行本購入させる為の新手の詐欺だったんじゃないか」と疑い、そして諦めていたので喜びというか安堵の気持ちでいっぱいです。

 

届いたことを知ったのは外出中に妻から

 

ワニブックスで何か購入したの?」

 

という連絡だったのですが、僕自身ワニブックスに普段お世話になっていることもなく間違えて何か購入してしまったのかと冷や汗をかきました。

 

LINEでの連絡で、郵送されてきたものは現物ではなくクレジットの明細か何かだとも思ったよね。エロサイトで何かやらかしたのかとも思いましたよ。

 

記憶にございません!と回答しつつも慌ててワニブックスをググり、ワニの絵を見て見覚えがあるものだから余計に何か買ったっけと不安になるものの、そうこうしているうちに記憶が蘇り、もしや4月に応募したやつか?と。

 
f:id:CMY0630:20170914133328j:image

自宅に帰りものを確認したところ案の定で安心。

 

開けてみるとお礼状と画集が入っておりました。

 
f:id:CMY0630:20170914133254j:image

肝心の画集はというと…

 
f:id:CMY0630:20170914133418j:image

 

うん、素敵。

絵が好きでアガルタに入ったので嬉しいです。

肝心のアガルタ全巻は既に手放してしまっているので若干申し訳ない気もしますが。

 

こうした応募自体ほとんどしたことがなかったのですが時間がかかるものなんだなということを学びました。

 

やっぱりモノが届くのは嬉しいもので、これを機に懸賞とか始めてみようかなと思ったり思わなかったり。

アンケートモニター登録

【転職】30歳の転職活動終了のお知らせ

f:id:CMY0630:20170820170032p:plain

今年の6月の中旬からスタートした転職活動ですが、8月18日をもって終了しました。

 

8月8日に面接を受け勝利を確信していた中で何故か適正検査と学科試験を受けさせられ詰んだと思っていた企業から内定を頂けました。晴れて10月よりインフラエンジニアへ復帰します。

 

ということで転職先を決めるまでの過程を少し振り返ってみようと思います。


目次

 


転職先を決めるまでの応募数など

 

 

応募数

 28社。これを書くにあたって見てみると意外と応募しているんだなと。
在職中なので時間があまり取れず、気になった企業に対してはとりあえず応募してみるという企業側には迷惑な感じで活動をしていました。

 


書類選考通過数

 20社。とりあえず応募してみたものの意外と落ちないもので驚きました。


HPや事業内容、企業の評価なども色々と見ていましたが書類選考が通過したお知らせを頂いた際のメールの記述の仕方やレスの速度も見ていました。それを元に面接を受けるか否かを決めていました。

 

内定(内々定含む)

 13社。書類通過後に面接受けずに辞退していることも考えると勝率は応募数に対して50%を超えていそうです。


転職活動開始当初こんなに貰えるものだとは思っていなかったのが正直なところ。
ぶっちゃけ簡単に内定取れるものだから調子乗っている時期もありました。調子に乗っていたからこそダメだった時はめちゃくちゃヘコみました。

 

今はきっと市場的にも時期が良かったんだろうなぁと思っています。3年後など市場が変わってしまい同じやり方では通用しなくなっているんだろうなとも。

 


書類選考は余程のことがないと落ちない

 書類選考に落ちた企業を見るとめちゃくちゃ大手さんだったり「英語必須」なのに語学のアピールゼロだったりとにかく募集要項にマッチしてなさ過ぎる書類は流石に通らなかったです。


逆にそれとなくマッチしていると大体は会って(面接して)くれたように思います。

皆さん忙しいのに有難うございました。

 


履歴書や職務経歴書は手書き?それとも印刷?

 これ結構悩みました。現職の採用課に聞いてみても応募してくる人によってまちまちだとか。ググってもイマイチ分からないので自分の中で勝手に基準を設けて使い分けていました。

 

面接時の持ち物に「履歴書」「職務経歴書」「筆記用具」が三種の神器のようにどの企業さんでも並んでいたのですが、「履歴書(形式自由)」とかも中にはあったりして。

 

この形式自由の時はExcelで作った履歴書や経歴書を提出するようにしていました。他にもWEB履歴書の選考後、データで詳細の履歴・経歴書の提出を求めてくる企業もあったり。

 

その企業から面接の連絡を頂いた際に持ち物などの記載がなく「履歴書などは言わなくても持ってくるのが当然だろ?」的なスタンスなのか、「既にデータで渡しているから不要なので記載がない」のか。

 

面接開始までドキドキしまいた(手ぶらで行ったので)。結局後者ではあったのですが、不要なら不要と書いてくれれば良いのにとドキドキさせられた分不満も持ちました。

 

 

おわりに

 正直30歳で3年7ヶ月もブランクもある男がエンジニアへ復帰するのは厳しいかと思っていました。

 

仮に戻れたとしても募集要項にある最低基本給だろうなと覚悟もしていました。

 

実際に面接を受けていても、エンジニアでの採用というより「マネジメントやってみない?」や「管理職やってみない?」なんて声掛けも多くあったりして。

 

その他にも採用情報に記載があったものとは全然違う条件を告げられたりとかもありました。他の企業の面接際に聞いてみるとその手をフックにしている企業は多いらしく微妙な気持ちになったのを覚えてます。


というか、そんなこと平気でしちゃう企業とか怖くて入れないよ。

 

そんなこんなで色々と思うところはあったものの、現在は絶賛有給消化中で専業主夫を謳歌。入社まで1ヵ月を切ったので本格的に勉強をし直さなきゃいかんなぁ…。