読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親父の隠れ家

三十路を迎える親父が隠れて勉強を始めました。

アガルタ応募者全員プレゼントに応募してみた

先月ついに完全版にてアガルタが完結したのですが全巻購入者応募者全員プレゼントなるものがあるとのこと。

 

f:id:CMY0630:20170423220219j:plain

 


何がもらえんのかなぁと見てみると「ミニ画集」とな。

 

何を隠そう、僕がアルガタに入ったきっかけは

 

女の子がカワイイからです。

 

 

普段この手の応募者全員プレゼントに対しては手間が面倒で触手が動かないのですが画集は一度見てみたいという衝動に駆られ応募してみることに。

 


◆応募の仕方が分からない

なにぶん、この手の応募をしたのは小学生のころにコロコロコミックでやったのが最後。勝手が分からない。

 

帯に付いている応募券を張り付けるんだろうけど、普通のハガキに貼り付ければ良いのだろうか?

f:id:CMY0630:20170423220935j:plain

なんか味気がないじゃないか。

 

 

絶対スペースができる。

 

なんかコメントとか書いた方が良いのだろうか。

 

多分何も書かずに応募券貼り付けて必要事項だけ書いて送れば良いのだろうけどヘタレな僕は気になる。

 

誰に対しての見栄なのか、なんなら小慣れた感を出していきたいとすら思ってる。

 

とりあえず早速躓いた。

 

 

◆悩みは無駄だった

完結したのでとりあえず1巻から読み直していたんだけど、どの漫画でもよくページの間に挟まってるハガキみたいなのがアルガタにもあってですね。

 

 

これまでこの手のものに御縁のないものとして大して見てなかったんだけど、なんなんら栞代わりにしかしたことがなかったんだけど、この時は何のお告げか気になったんですよね。

 

 

で、見てみたら「応募ハガキ」だったのね。

 

f:id:CMY0630:20170423221234j:plain

 

もう、なんだったんだろうあの悩んだ無駄な時間は。


松本先生へのメッセージをどうぞって欄がまた気になり出してはいるのだけどゼロスタートじゃない安心感がすごい。

 

専用応募ハガキってどこぞで入手するものかと思ってたら挟まってやんの。

 

 

いやぁ、親切。

 

 

切手っていくら分を貼れば良いのだろうと思ってたら「お手数ですが52円切手をお貼り下さい」とか書いてあるじゃない。

 

 

親切。実に親切だよ!

 

 

 

◆悩みは解消されたので貼り付け開始

やり方が分かりとっても安心できたので早速貼り付けを開始。

応募券をひたすら切りまくる。

 


そして貼りまくる。

f:id:CMY0630:20170423221626j:plain

 

糊付けだけで大丈夫か?と、また良からぬ不安が頭を過るものの、ここまで来たらGOですよ。

 

f:id:CMY0630:20170423221825j:plain

 

 

◆いざ投函

 

投函直前になって、やっぱセロか何かで補強しといた方が良かったかと土壇場で思ったりもしたのだけどキリがないので投函。

 

さて、4月末日の締め切りなのだけど一体いつ届くのだろう。忘れた頃に届きそう。

 

妻が受け取り「何これ」って突っ込まれるんだろうな。
日頃の行いが悪い僕は何なのかを忘れてて冷や汗をかきそうだなと今から想像がつきます。

 


◆おまけ

アルガタ、好き嫌いがハッキリと分かれる作品だと思います。

 

特に時間軸やら潜っているのか潜っていないのかが非常に分かりにくい。
周りのキャラの衣装などからどこの話なのかを理解しなければならない。

 

そして説明が全然ない。

 

頭に汗かきながら読むのが好きな人にオススメです。
色んな解釈を持てるもの良いところかと思います。

 

エヴァが好きだったり、ブラックラグーンの台詞の言い回しが好きな僕はやっぱりアルガタも好きなんだけど。

 

興味がある人はとりあえず完全版1巻から入ってみて下さい。

 

アンケートモニター登録

 

遊ぶお金欲しさに行き着いた先は…

 結婚してから早3年。


結婚したら嫁さんが財布を握っていた方が家庭は上手く、なんて誰が言ったのか。
お小遣い制になって早3年。


慣れるかと思いきや全然慣れない。びっくりするほど慣れない。
家庭は平和で娘はスクスク育ってるんだけどね。

 


パパもたまにはママの顔色窺わず買い物したり遊んだりしたいわけ。
平日のランチでちょっと贅沢するだけでもいい。ゼリーとかプリンとか付けたい。

 


なんなら仕事帰りにお土産でケーキとか買って嫁さん娘にヒューヒュー言われたい。
想像するとニヤニヤしてしまう。

 


ただし残念ながら現実はその日暮らしのアリエッティ
1万2000枚の特殊装甲もなければATFも展開できない。

 


朝から終電まで働いて、小遣い日直前はランチの選択の余地はもはやない。
ペヤング超大盛一択。復活してくれて本当に感謝してる。ペヤングに生かされてます。

 


やぁ-辛い。泣けてくる。

 


3年で変わらないものは5年10年経っても変わらないことでしょう。
ということで小銭稼ぎを敢行しようと活動開始。

 


かつてのだめも言っていた。

 

「遊ぶ金欲しさですよ」と。

 

f:id:CMY0630:20170421154327j:plain

◆資本もなければ銀行のカードも取り上げられている

人生、殿モードなわけですが猶々状況は苛烈に。
今年に入ってからというものの、銀行のカードも取り上げられてしまったのでもはや振込みすらできない。


勝手に作ろうものならば嫁さんは世紀末覇者の如く進軍してくるでしょうよ。

 


正直アリエッティ以下の僕にとって銀行のカードがなくても悲しいかな、大して日常生活に支障は出ない。
さすがに万が一の為にクレカは持たせてくれているし。

 


とは言え、小銭を稼ぐとなると色々差し支える。なんだかいきなりつっかえてる。

 


振込みをせず小銭を稼ぐ方法を考えるところからスタート。
もうね、いきなりマイナススタート。

 

f:id:CMY0630:20170421154358j:plain

 

◆たどり着いた先は…

アンケートサイトでのポイント集め。
時給換算した時にあまりにも低賃金でこれまでずっと敬遠していたのですが、背に腹は変えられぬ。


で、意を決して覗いてみるとギフト券とか色々交換できるじゃないですが。


現金に交換は例によって嫁さんにカードが封じられているため不可。
世の中便利なものでギフト券でも錬金術は存在するわけで。


嫁よ、君の旦那は鋼になるよ。

 

 

◆実際にやってみた

どんなもんかと実際にやってみることに。

最初に使ってみたサイトはリサーチパネル(ECナビ)。
1ヶ月程無理の無い範囲でポチポチ回答してみたら単月で1000円くらいになった。

もう1ヶ月やってみても同じくらい。


色々申し込みだったりお取り寄せだったりすればもっと伸びるんでしょう。
必要なものがなかったので僕はやりませんでしたけど。


単純計算して年間12000円。
ちょうど1月に始めたから嫁さんにクリスマスプレゼント買えるな。
小遣い節約しなくても済むじゃん。

 

 

◆感想

サラリーマンの僕でこれなら高校生大学生とかもっと稼げるんだろうな。
授業中にポチポチとね。

僕が学生なら間違いなくポチポチしているだろうな。
現役が羨ましい。裏山氏。


方法ばかり考えて何もしないのと小銭でも稼ぐのであれば後者を選びたい。


ということで僕は当面続けていこうと思います。

 

 ◆おまけ

リサーチパネルから入った僕ですがマクロミルとの相性が良く、アンケート回答だけで月3000円はイケてます。

アンケートモニター登録

もしも宝くじに当選したなら

もしも○○だったら 現実逃避

宝くじというものの存在を知ってから

 

「もしも宝くじに当たったらどうする?」

 

という想像妄想をいくつになってもしてしまう僕です。
おそらく同じように想像妄想を繰り広げたことのある人も多いことかと思います。

f:id:CMY0630:20160830221929j:plain

 


僕は学生時代スクラッチを1万円分購入して一生懸命削り激しく後悔してから一度も
購入したことがないのですが、それでも時々妄想してしまいます。

 

 

◆1億円当たったら10年働かなくても生きていける?

いきなり1億円舞い込んできたことを想像するとドキドキしちゃいます。


まず買ってもいないんですけどね。
(「当選確率100万分の1」という話を聞いたことがあります。これは買う気にならない)


想像妄想するのはタダなので続けますが、仮に僕の現在の手取年収が1000万円だとして、1億円もらえたなら少なくとも今の生活水準を維持することを基準に考えても10年働かなくても暮らしていくことができます。


実に魅力的であり、まず「働かなくても良いんだ」って考えが第一に来ることに僕のクズ具合が見え隠れするなと思うのですが。

 

当たったことを前提に想像を続けてみることにする。

 

 

 

◆働かなくても暮らせるが仕事を辞めるだろうか?

 

それでは当たったことを前提に実際に仕事を辞めるかどうかを考えてみましょう。

 

 

冒頭では

 

「お金が舞い込んで来てHAPPY」
「働かなくても10年は暮らしていける」

 

と浮かれてみたものの、生活水準の維持でも仕事を辞めると様々な支出も増えるので
仕事を辞めることをなかなか問屋は卸してくれなさそうです。

 

 

想像妄想っていうのは本当に勝手なもので自分に都合の悪い部分はカットされがち。

 


ただ実際問題、何も宝くじに当たらなくとも仕事(会社)を辞めたら健康保険の切り替えや年金、各種手当や税関係などそれはもう色々降りかかってくるわけです。

 

それはもう四方八方から襲い掛かってくるわけ。

 

仕事を辞めたら人間健康第一、死んだら終わりということでとりあえず国民健康保険を検討すると思うのだけど、国民健康保険の保険料って、前年の所得金額を基に算出されるので前年普通に会社勤めしていたら当然一定の収入があるので保険料が高額になる可能性も無きにしも非ずなわけだ。

 


さらに、その他天引きされていたものや各種書類関係の作成なども行っていかなければならないことを考えるととっても面倒そう。


もちろんこれまで、そしてこれから仕事(会社)に費やしてきた(費やす)時間を考えれば
微々たる手間暇なのでしょうけど。

 

 

何分不慣れ。それらの処理に追われる時間を自給に直したりしてまた想像妄想を繰り広げてしまいそうなのをグッと堪えながら宝くじの妄想を続けていきたいと思います。

 


自己負担するお金なども増えると思われるので同じ生活水準でも支出は増える可能性が
充分にあり、会社勤めで年収1000万(10年で1億円)でも宝くじ生活では当然10年保たない可能性も充分にあるのは容易に想像できた。

 

 

というか、考えてみれば自分で10年って言ってる通り1億円で生涯やっていけるわけではないので全く働かないという選択肢はそもそもないのかもしれない。

 

 

 

◆1億円じゃ働かざるを得ない

仮に10年働かずして過ごしても資金が底を尽きれば死んじゃうので働かなきゃいけない。

 

30歳で1億円を当ててからの10年後では40歳。

再就職は厳しそうだ

 

というか10年宝くじで得たお金でのらりくらり生活してきた男をどこのあんぽんたんが雇うというのだろうか。

 

 

厳しいというか絶望すら感じた。

 

そうなってくると仕事を辞めて過ごす期間にいかに資金を増やせるかが当然キモになるのだけど、僕だったら何をするだろうか。

 


①掴んだ1億円で会社を設立

資産がなくて実現できなかったビジネスなどがあれば試さずにはいられないかもしれません。

 

②財産になり得るものを購入したり、投資など不労所得を作っておく


僕はプロではないので運用が上手くできるかは分かりませんが得たお金を今後の収入源になるように使えたら…と考えると思います。

 

だって土地とか転がしてみたいじゃないですか!

 


これまでに会社のお金で億単位の仕入れなどをしたことはありますが、それと個人資産の運用では感じるプレッシャーも違うことでしょう。

 

①と②のどちらかではなく、どちらも選ぶ気がしますが。

 

 

◆まとめ

想像妄想する金額の設定がもっと大きければ働く働かないの違いはあったかもしれないなぁ…

 


そう思いつつ、1億円でもお金の大きさを具体的にイメージができていないので、もしも1億円当たっても失敗するのが何となく見えました。

 


「1億円あったあら○○をする!」と明言できず、あれもこれもと中途半端になってしまいそうです。

 

もしかしたら家や車を購入して税に苦しめられているかもしれません。


分相応ということでしょうか。


内容は知りませんが当選者に渡されるという噂の

 

「【その日】から読む本」

 

なる冊子もあると聞いたことがあるのですがきっとそういうことも書いてあるのだろうと思います。


さて、それでも僕と想像妄想することを止められない人、これを読んでいるあなたはもしも1億円あったらどうしますか?

 


★この記事で書いた話とは内容が全然違いますが「億男」という本も面白いですよ。

もしも○○だったら…シリーズ化を敢行

もしも○○だったら 現実逃避

「もしも○○だったら…」辛い現実からついつい目を逸らしてしまいがちな僕です。

 

たらればの話をしても辛い現実がどこか行ってくれるわけではないのですが何分心が弱いもので想像妄想をやめられない。

 

もはや無趣味な僕にとって唯一の趣味と言っても過言ではないのではなかろうかと思いつつある始末です。

f:id:CMY0630:20160830221928j:plain

 

 

 

先日、深堀して考えてみたところ、言語化するのが結構難しくて何だか勿体ない気がするのでブログで書き綴っていこうと思います。

 

 

 

正直

 

 

誰得?

 

 

 

とは思いますが、

そんな中でももしかしたら「あ、俺もそれ考えたことあるわ」なんて人がいて共感してくれたら幸いです。

 

 

現実逃避最高!

ビジネス実務法務検定3級「任意代理」「法定代理」とは

ビジネス実務法務検定 法律 資格

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「任意代理」「法定代理」の用語について記載しています。

 

  • 任意代理
  • 法定代理
  • 顕名
  • 代理行為

 

◆代理権が成立するための要件

次の3要件が全て充たされなければ代理は成立しない(民法99条1項)。

 

①本人が、代理人に代理権を与えていること(代理権の存在)

 

②代理人が相手方に、本人のためにすることを示すこと(顕名)
ただし、商行為の代理については、顕名は必ずしも必要とはされていない(商法504条)

 

③有効な法律行為(契約)が行われていること(代理行為)

 

 

◆代理権の存在

a.任意代理と法定代理

代理人となる(代理権が発生する)のは、本人からの委任がある場合と法律上代理人となることが決められている場合とがある。前者を任意代理といい、後者を法定代理という。なお、法定代理は未成年者の親権者が代理人となるのが代表例である。

 


b.委任状の交付と代理権

一般に、ある仕事の処理について代理権を授与するときは、委任状が交付される。
民法上、代理権授与行為に書面交付が要求されているわけではなく、書面交付がなくても代理権を授与することができるが、代理権の有無および範囲を明確にするため、
書面を交付すべきである。

 


顕名

代理が成立するためには、代理人としての意思表示であること(本人のために行為をすること)を代理人が明らかにする必要があり(民法99条1項)、これを顕名という。

 

代理人が、本人のためにすることを相手方に示さないで法律行為(例えば契約締結)を行った場合は、その行為は自分(代理人)のために行ったものとされる(代理とはならない)。

 

ただし、相手方がその行為を本人のためにする行為であることを知っていれば、本人に効果が帰属する(民法100条)。

 

なお、商行為の代理の場合は、代理人が顕名をしていなくても、原則として代理が成立する(商法504条)。

 

 

◆代理行為

代理人が、相手方に対して、代理権の範囲内で契約に必要かつ有効な意思表示をすれば、本人に効果が帰属し得る代理行為となる。

 

 

引用:

東京商工会議所編 ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト【2016年版】」より

 

ビジネス実務法務検定3級「商行為」「一方的商行為」とは

ビジネス実務法務検定 法律 資格

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「商行為」「一方的商行為」の用語について記載しています。

 

 

  • 商行為
  • 一方的商行為

 

 

◆商行為

商法は、商行為として、①強度の営利性があるために、商人であるか否かにかかわらず、誰が行っても常に商行為となる絶対的商行為(売却して利益を得るための不動産や有価証券などの有償取得、取引所での取引などの行為。商法501条)と、②営業として反復的に営むときに商行為となる営業的商行為(賃貸して利益を得るための不動産や動産の有償取得、作業の請負、運送契約などの行為。商法502条)を定めている。両者を併せて、一般に基本的商行為と呼ぶ。

 

 

この基本的商行為を、自己の名をもって業として行う者が商人である。

 

そして、商人が営業のためにする補助的な行為も商行為とされ(商法503条)、附属的商行為と呼ばれる。附属的商行為は基本的商行為に対して補助的商行為ともいう。

 

このように「営利の目的の実現のために行われる企業の対外的取引活動」が商行為に
該当するといえる。ただし、農業や漁業のような原始産業における活動は、営利目的であっても商行為には当たらない。

 

 

一方的商行為

なお、会社がその事業としてする行為およびその事業のためにする行為は商行為とされる(会社法5条)。

消費者が小売店で商品を購入する場合、小売店が商品を販売する行為は商行為だが、消費者が商品を購入する行為は商行為ではない。

 

このように、一方の当事者にとってのみ商行為となるものを一方的商行為という。一方的商行為については当事者双方に商法が適用される(商法3条)。

 

なお、商法上、例えば商事留置権(商法521条)等のように、当事者双方が商人であることを要件とする旨が明文化されている場合には、商法3条の適用が廃除される。

 

 

 

【末】
引用:

東京商工会議所編 ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト【2016年版】」より

ビジネス実務法務検定3級「先取特権」(私法人の種類)とは

資格 法律 ビジネス実務法務検定

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「先取特権」の用語について記載しています。

 

 

先取特権とは

先取特権とは、法律で定められた債権を持つ者が、債務者の財産から他の債権者に優先して弁済を受ける権利をいう(民法303条~341条)。

 

例えば会社が従業員に対して50万の未払給料があり、別に銀行から1000万円借り受けていた時点で、営業不振で廃業する際に、100万の財産しかなかったとする。

 

この場合、従業員は、銀行に優先して、100万円の中から50万円の弁済を受けることができる(民法308条)。

 

また、家屋の建築請負工事をした請負人は、工事代金不払いの場合、その建物の売却代金から優先的に工事代金を受け取る権利を有する(民法327条)。

 

先取特権には、一般の先取特権(民法306条)・動産の先取特権(民法311条)・不動産の先取特権(325条)がある。

 

実務上、先取特権による債権回収の実益があるのは動産の先取特権であり、
その中でも動産売買の先取特権には注意すべきである。

 

 

 

◆動産の先取特権

a.動産の先取特権とは

動産の先取特権は、債務者の特定の動産を目的とする先取特権のこと(民法311条)。

動産の先取特権は8種類あるが、その中で、特に動産売買の先取特権は債権回収の実務において重要である。

 

動産の先取特権を実行するには、対象動産の所在地を管轄する地方裁判所の執行官に対し動産競売申立てを行うなどの方法がある(民事執行法190条)。

 

執行申立てに際しては、従来、担保権実行の目的物である動産を提出するか、動産の占有者が対象物件について差押えを承諾する旨の文書を提出することが必要とされていた。

 

しかし、、現在は執行裁判所の許可による競売開始の制度が認められており(民事執行法190条2項本文)、担保権者が担保権の存在を証する文書を提出して競売開始の申立てをした場合には、執行裁判所は、当該担保権についての動産競売の開始を許可することができる。

 

 

b.動産売買の先取特権

動産の売主は、公平の原則に基づき、その売買代金および利息について売り渡した当該動産の上に先取特権を有す。

 

もっとも、債券回収の実務において、この先取特権が効果を発揮するのは、売主が代金の支払いを受ける前に、買主に対し引渡しの先履行をなしている場合。

 

引渡し前であれば、同時履行の抗弁権(民法533条)あるいは留置権(民法295条1項)により、売主は代金の支払いと引換えでなければ引き渡さないと主張することによって売買代金債権を確保できるからである。

 

なお、債務者が目的動産を第三取得者に引き渡した場合は、先取特権はその目的動産に効力を及ぼし得ない(民法333条)点に限界がある。

 

 

 

引用:

東京商工会議所編 ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト【2016年版】」より

 

ビジネス実務法務検定3級「一般社団法人」(私法人の種類)とは

ビジネス実務法務検定 法律 資格

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「一般社団法人(私法人の種類)」の用語について記載しています。

 

 

◆私法人の種類

自然人の集合体である団体自身に権利能力が与えられたものを「社団法人」といい、
財産の集合に権利能力が与えられたものを「財団法人」という。
また、芸術、技芸、慈善その他公益を目的とする法人を「公益法人」といい、営利事業を営むことを目的とする法人を「営利法人」という。

 

営利とは、事業活動によって経済的利益を得るとともに、その得た利益を団体の構成員(社員)に分配することをいう。
なお、その目的が公益でも営利でもない法人もあり、例えば、団体の構成員間の利益を図ることを目的とする法人などがこれに当たる。このような法人を一般に「中間法人」と呼ぶ。
そして公益法人中間法人を併せて「非営利法人」と呼ぶことがある。

 

法人は、民法その他の法律の規定によらなければ成立せず、その設立、組織、運営および管理については、民法その他の法律の定めるところによるとされている。

株式会社や持分会社などの営利社団法人については、会社法で定められている。

これに対し、非営利法人については、一般的に、一般社団法人・財団法人法で定められている。

 

剰余金の配分を目的としないなど、一定の要件を充たす団体は、公益性の有無にかかわらず、一般社団法人・財団法人法に基づき「一般社団法人」または「一般財団法人」として設立し、法人格を取得することができる。

また、これらのうち、公益を目的とする事業を行うものは、公益法人認定法に基づき、内閣総理大臣または都道府県知事の認定を受けることにより、「公益社団法人」または「公益財団法人」(公益法人と総称される)となることができ、税制上の優遇措置を受けることができる。

 

なお、非営利法人については、特定非営利活動促進法など、様々な特別法が定められており、これらにより法人格を取得するものもある。

 

 

引用:

東京商工会議所編 ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト【2016年版】」より

 

ビジネス実務法務検定3級「一時的契約」「継続的契約」とは

ビジネス実務法務検定 法律 資格

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「一時的契約」「継続的契約」の用語について記載しています。

 

  • 一時的契約
  • 継続的契約

 

◆一時的契約」「継続的契約

契約の中には、契約関係が一定の期間継続するものがあり、このような契約を継続的契約という。賃貸借契約や雇用契約などがこれにあたる。

 

継続的契約に対して、売買契約のように、1回の履行で契約関係が終了する契約を
一時的契約ということがある。

 

継続的契約では、契約当事者間には契約を継続させることについての信頼関係が存在しているはずなので、契約に関する問題を取り扱うにあたっては「信頼関係」が重視される。

 

売買契約は、本来は典型的な一時的契約であるが、企業間の製品(完成品・部品)や
原材料の売買契約においては、同じ当事者間で同種の取引が長期的・継続的に繰り返されることが多くみられる。


一時的契約より継続的契約によった方が、数量と品質両面での安定的な製品または原材料の供給が期待でき、また製品の仕様など細かく指示できるなど当事者双方にメリットがある。

 

そしてこのような継続的な取引関係が開始される際には、当事者間で基本契約が取り交わされるのが一般的であり、その上で、個々の契約(基本契約と区別する意味で個別契約やスポット契約という)が繰り返される。

 

この基本契約では、、個別契約の成立要件、当事者の権利・義務、履行方法などの
基本的な事項が定められる。

 

このように、個々の契約・取引は一時的契約に属するとしても、企業間に継続的な取引関係が存在する場合には、両当事者に契約の継続的締結に向けた期待(信頼)が生じることになる。

 

したがって、継続的契約においては、一般の契約上の原則が修正され、この当事者間の信頼関係を裏切ることがないよう、契約締結義務が生じたり、解約権が制限されたりすることがある。

 

 

引用:

東京商工会議所編 ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト【2016年版】」より

 

ビジネス実務法務検定3級「意匠」「意匠権」とは

ビジネス実務法務検定 法律 資格

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「意匠」「意匠権」の用語について記載しています。

 

 

◆意匠法の目的

意匠法は、意匠の保護および利用を図ることによって意匠の創作を奨励し、もって産業の発達に寄与する事を目的としている(意匠法1条)。

 

意匠制度は、特許制度と同様に、最終的には我が国産業の発達に寄与することを目的とするもの。

 

 

意匠権と意匠

意匠法上、意匠とは物品の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう(意匠法2条1項)。

 

意匠権については、多様なデザインを保護するために、物品の全体ではなくその一部分のみを意匠登録の対象とする部分意匠制度がある。

 

また、コーヒーカップとソーサーのセットなど、同時に使用される2以上の物品を組み合わせた全体として統一性のある組物(くみもの)の意匠、意匠にかかる物品の形状等が変化する場合にその変化の前後にわたる形状等を保護する動的意匠、1つのデザインコンセプトから創作されたバリエーションの関連意匠も登録できる。

 


◆意匠登録の要件

意匠権は、所定の事項を記載した願書に意匠登録を受けようとする意匠を記載した図面を添付して特許庁に出願し、一定の審査を経て意匠登録を受けることにより発生する。

 

意匠登録を受けるためには、その意匠が工業上の利用性(工業技術を用いて同一物を反復して大量に生産できるものであること)、新規制(出願前に公知となっていないこと)、創作非容易性(公然と知られた形状に基づき容易に創作することができないこと)を備えなければならない。

 

また、物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠等は意匠登録を受けることができない。

 


◆意匠の効力

意匠権者は、原則として、意匠登録を受けた意匠およびこれに類似する意匠を、業として独占排他的に実施する権利を有する(意匠法23条)。

 

意匠権の存続期間は登録の日から20年間である(意匠法21条)。
意匠権を侵害する者に対しては差止請求、損害賠償請求等を行うことができる。

 

 

 

引用:

東京商工会議所編 ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト【2016年版】」より