読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親父の隠れ家

三十路を迎える親父が隠れて勉強を始めました。

アガルタ応募者全員プレゼントに応募してみた

先月ついに完全版にてアガルタが完結したのですが全巻購入者応募者全員プレゼントなるものがあるとのこと。 何がもらえんのかなぁと見てみると「ミニ画集」とな。 何を隠そう、僕がアルガタに入ったきっかけは 女の子がカワイイからです。 普段この手の応募…

遊ぶお金欲しさに行き着いた先は…

結婚してから早3年。 結婚したら嫁さんが財布を握っていた方が家庭は上手く、なんて誰が言ったのか。お小遣い制になって早3年。 慣れるかと思いきや全然慣れない。びっくりするほど慣れない。家庭は平和で娘はスクスク育ってるんだけどね。 パパもたまにはマ…

もしも宝くじに当選したなら

宝くじというものの存在を知ってから 「もしも宝くじに当たったらどうする?」 という想像妄想をいくつになってもしてしまう僕です。おそらく同じように想像妄想を繰り広げたことのある人も多いことかと思います。 僕は学生時代スクラッチを1万円分購入して…

もしも○○だったら…シリーズ化を敢行

「もしも○○だったら…」辛い現実からついつい目を逸らしてしまいがちな僕です。 たらればの話をしても辛い現実がどこか行ってくれるわけではないのですが何分心が弱いもので想像妄想をやめられない。 もはや無趣味な僕にとって唯一の趣味と言っても過言ではな…

ビジネス実務法務検定3級「任意代理」「法定代理」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「任意代理」「法定代理」の用語について記載しています。 任意代理 法定代理 顕名 代理行為 ◆代理権が成立するための要件 次の3要件が全て充たされなければ代理は成立し…

ビジネス実務法務検定3級「商行為」「一方的商行為」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「商行為」「一方的商行為」の用語について記載しています。 商行為 一方的商行為 ◆商行為 商法は、商行為として、①強度の営利性があるために、商人であるか否かにかかわら…

ビジネス実務法務検定3級「先取特権」(私法人の種類)とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「先取特権」の用語について記載しています。 先取特権 動産の先取特権 動産売買の先取特権 ◆先取特権とは 先取特権とは、法律で定められた債権を持つ者が、債務者の財産か…

ビジネス実務法務検定3級「一般社団法人」(私法人の種類)とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「一般社団法人(私法人の種類)」の用語について記載しています。 社団法人 財団法人 公益法人 営利法人 非営利法人 ◆私法人の種類 自然人の集合体である団体自身に権利能力…

ビジネス実務法務検定3級「一時的契約」「継続的契約」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「一時的契約」「継続的契約」の用語について記載しています。 一時的契約 継続的契約 ◆一時的契約」「継続的契約 契約の中には、契約関係が一定の期間継続するものがあり…

ビジネス実務法務検定3級「意匠」「意匠権」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「意匠」「意匠権」の用語について記載しています。 意匠 意匠権 ◆意匠法の目的 意匠法は、意匠の保護および利用を図ることによって意匠の創作を奨励し、もって産業の発達…

ビジネス実務法務検定3級「意思の不存在(意思の欠缺)」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「意思の不存在(意思の欠缺)」の用語について記載しています。 ◆意思の不存在(意思の欠缺)とは 意思の不存在(意思の欠缺)とは、表意者(意思表示をする者)が表示した意思に…

ビジネス実務法務検定3級「遺産分割」「遺産分割協議」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「遺産分割」「遺産分割協議」の用語について記載しています。 遺産分割 遺産分割協議 ◆遺産分割 「遺産分割」とは、被相続人が残した相続財産(遺産)をそれぞれの相続人の…

ビジネス実務法務検定3級「遺言」とは

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「遺言」の用語について記載しています。 ◆遺言とは 被相続人が自己の財産を法律の規定と異なるように残したいと考えることもあり得る。そこで民法では、被相続人の意思を…

ビジネス実務法務検定3級「い」の用語

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「い」の用語について記載しています。 育児休業 意思能力 慰謝料 一覧払い 一括下請負 逸失利益(いっしつりえき) 一般線引 一般の先取特権 一般法と特別法 因果関係<加害…

ビジネス実務法務検定3級「あ」の用語

ここでは「ビジネス実務法務検定試験3級 公式テキスト【2016年度版】」の索引にある「あ」の用語について記載しています。 相手方 ITの発達 悪意 アローアンス条項 安全配慮義務 ◆相手方 法律で、契約や事件などの一方の当事者のこと。例えば「売主に対する…

法律用語はなぜ難しく書かれているのか?

◆はじめに 初めて法律系資格の勉強をするにあたって誰しもがぶつかるであろう 「なんで法律の用語や説明ってわざわざ分かりにくい小難しい言い回しをするの?」 という疑問と苛立ちがあると思います。 苛立っても勉強は進まないどころか心が折られる可能性す…

ビジネス実務法務検定の難易度と試験範囲について

◆はじめに ビジネス実務法務検定には3級(易)~1級(難)まであります。これから受験を考えている人には難易度も気になるところだと思います。 各級の合格率からその難易度を見ていきましょう。 ◆各級の合格率 ・1級 (合格率)10.1% (受験者数)635人 …

ビジネス実務法務検定で得られるメリット

◆はじめに そもそも「ビジネス実務法務検定」って資格の名前自体、あまり耳にしたことがない人も多いかもしれません。 僕自身も勉強をしている際に Q「なんの資格の勉強なの?」 A「ビジネス実務法務検定」 そう答えるたびに相手の顔が「?」となっていま…